右側の画像をクリックすると、次へ進みます。なお、実際にオークション等に出展≠キる事は有り得ません。念のため。(^_^;

最新の展示画像を見る



これは1980年夏、家族で横浜へ旅行に行った時に購入した物です。神奈川県のバスルートマップで、
この2枚はいずれも表紙ですが、中身が地図になっています。そしてこの2枚、パッと見ると全く同じ写真に見えますが、
よ〜く見て下さい。写っているバスが、両側の表紙でそれぞれ違うのです。形を見てもなかなか分からないと思うので、
色を見比べてみて下さい。それにしても、80年当時は、まだまだモノコック型のバスが造られていた時代。写真のバスたちは
全て、当時の最新鋭か準新鋭ですが、本当に懐かしい形をしている事が、バスが好きな人だとよく分かるでしょうね。



さて、この写真は1980年、実際にバスルートマップを購入した当時のスナップです。
肝心のマップが小さくしか写っていなくて分かり辛いかも知れませんが、ご了承下さい。
マップを手に、満面の笑みを浮かべているのが、7歳になって間もない頃の私です。
この時、小学校1年生でした。横浜市内のとある公園で撮ったものだと思いますが、
正確な場所は覚えていません。それにしても、バスに関するグッズだとここまで
嬉しそうな顔をする・・・・・。まあとにかく、周囲も呆れんばかりのバス大好き少年
だったのですね。そしてついでに(笑)、私のはいているサンダルにもご注目。
何だか、女の子がはくような物をはいています。当時はよくこの様なサンダルをはいて
いたのですが、正直言って、私はあまり好きにはなれませんでした(汗)。理由は・・・・、
女の子みたいだから!ただでさえこの頃は、女の子と間違われやすかったですから。




これは一体なんだと思いますか?電車の模型のようだ。『特急 河原町⇔梅田』と書いてあるから、阪急電車かな?いや、何か外見からして、
普通の電車というよりは寧ろ貨車に見えるぞ。色々な答えが聞かれると思います。実際、私もこの車両が人を乗せて走る電車なのか
貨車なのか、そして何型なのか、よく分かりません。というのもこれは絶対に、どこにも売ってはいない物だからです。
一見して手作りだと思われた方もいるでしょうが、実はこれは、私が小学校4年生の1学期(1983年6月)、急性盲腸炎で入院した時、
当時のクラスメートが、お見舞いにと言って作ってくれた物なのです。従って、小学生(9〜10歳)の手作りということになります。
もらった時、「何じゃいな?これは!」とビックリしたのを、今もよく覚えています。男子4〜5人による作品ですが、小学生が作った作品としては、
なかなか完成度が高いと、今見ても思います。車両は木の固まりを加工して作り、屋根上には太い針金や薄い鉄板をペンチで曲げて
パンタグラフとしました。さらにヘッドライトには、大きなサイズの押しピンを使っています。少し見えにくいですが、車体側面には、
4512という車番も書かれているのですね。何となく貨車のようには見えますけど、本当によく出来た作品で、23年以上経った今でも、
お宝≠フ一つとして保存しています。私もクラスの友達が入院した時には、このように励ましの作品を作りましたけど、
子どもの頃から手先が不器用な私は、全然上手くは作れませんでしたね(笑&汗)。



 

これは、私が11歳(小学5年生)だった1984年8月、香港経由の飛行機で、イギリスのロンドンへ行った時に使用した物です。
『HONG KONG』という文字が見えることから分かるとおり、最初に香港に到着した際に発行された物なのですが、実は香港では時間待ちが4時間もあり、そのため搭乗客はいったん空港の外に出て、街を見物する事が許されたのです。そのことを証明するための、『許可書』がこの画像なのですが、漢字で『香港政府機場離境税(漢字は日本語書体に直しました)』と書かれています。そして、『CHILD(小童)』と書いてあるのは、私が当時11歳の子どもだったためです。
この出港許可書、よく今まで残っていたものだと思います。香港に行ったのはこの時が初めてで、3時間半ほど過ごしたと思いますが、のちに香港自体にも、旅行で2回行きました。いずれも1980年代、まだ中国に返還される前のことです。



 

上下の画像とも、1990年に開催された、『花の万博』の会場マップです。会場の入口でもらいました。私にとって、
『ポートピア81』、『大阪城博覧会』に次ぐ3度目の博覧会体験となりましたが、いわゆる“万博”と名の付くものとしては、
この時が初めてでした。こちらのページに、入場券も展示しております。
それにしても、会場の案内図が残っているとは思っておらず、それこそ、掘り出していたら¥oてきました。
この当時はまだインターネットも無かったし、直接受け取ったこのマップが、今では貴重な記念物となっていると思います。
上の画像では、『花の万博会場ご案内』と、大々的に書かれており、各種イベントの紹介もしています。
下のほうに、『詳しい案内は公式ガイドブックを』と書かれていますが、これが今だったら『公式ホームページを』となるのでしょうね。
下は各エリア・パビリオンが細かく示されています。スキャナーの大きさの関係で、両画像ともマップを全面載せる事は出来ませんでしたが、
じっと見ていると、行った当時の記憶が蘇り、懐かしいですね。愛・地球博の思い出の陰に隠れていましたが、この度発見した一品です。



「何やねん!ただの鏡じゃないか。どこが掘り出し物や?」という不満の声も聞かれるかも分かりませんが、右側の画像をご覧下さい。
『FLOWER&GREEN FESTA OSAKA’90』と書かれています。そう、この鏡は花博の時に会場で買った、花博訪問記念グッズなのです。
もう大分汚れて一部欠けてしまいながらも、なお愛用している我がハンドミラー。実は花博会場限定販売だったのでした。
というわけで、私の中では貴重品となっているのですが、一つ上の画像に続いて、花博関連が続きましたね。こういう、いつでも使う物が、
実は同時に記念品でもあるというのは、なかなかいいですね。これからも末永く愛用し続けることでしょう。



 

これは1981年2月、初めて高知県に行った時に、大阪空港で買ったバッグです。高知には親戚がおり、そこでの法事に参加するために、飛行機で向かったのですが、その時乗った飛行機の会社は、今聞けば大変懐かしい、『TDA東亜国内航空』。画像のバッグと同じ、緑に赤が基調のカラーをした小型飛行機が飛んでいました。当時は大阪空港にいてても、出発や到着アナウンスで、『TDA東亜国内航空』の名前をよく耳にしたものです。
さて、そのTDAに乗ったわけなのですが、現在も高知へ行く飛行機では、小型のプロペラ機(会社はANA)が飛んでいますが、搭乗する際は、飛行機の機体から、収納式の階段が延びてきます。TDAの時代の飛行機では、いわゆる『階段自動車』が登場し、それを使って機内へと乗り込んでいました。このあたりの感覚も、非常に懐かしいです。
のちに『日本エアシステム』という名称に変更され、現在はその名前も姿を消しましたが、80年代初期の高知旅行で2回搭乗したTDA(いずれも往復)は、その個性的なカラーも相まって、すっかり当時の私の中で、印象に残るものとなりました。
今ではもう使わなくなったこのバッグは、かつては水泳用具を入れて、プールに行く時に使ったりしていました。このデザイン、称号、カラーともに、現在では貴重なものになっていると思います。




みなさん、かつてこのような物が販売された事があるのを、ご存知だったでしょうか?これは1998年のゴールデンウィークに、阪急電鉄の『正雀レールウェイフェスティバル』に行った時に購入したものです。確か35tクレーンなどがある工場内で販売されていたように思うのですが、何しろ約10年前のことであり、記憶が定かではありません。現在では事前応募制になっている阪急レールウェイフェスティバルも、98年当時は(2002年頃まで?)自由参加制でした。そのため当日になって、出かけたわけなのですが、現在はかなり様相が変わっている工場北側(JR線寄り)で、1形と10形の体験乗車をしたほか、左画像の記念品を始め、さまざまなグッズが売られていました。
『惜別 1995』と書かれている、左の2800系ですが、実際にはこの当時、2300系2305編成に、3両の2800系が組み込まれて残存していました。その中でも私は特に、モーター車でギュインギュインとモーター音を出していた、C#2831に乗るのが一番好きでした。2回ほど、快速運用に就く同車に乗った時の感触は最高でしたね(笑)。2扉・クロスシート車時代の記憶が残っていないという点が、今でも非常に悔やまれる限りなのですが、95年に嵐山線で惜別運転が行われていた時は、私も乗りました。そんな事を思い出しながら、左の商品を買ったのですが、手で触った感じはズッシリと重く、何とも重厚感の漂う記念品です。




これ、何だと思いますか?『走れ!鹿島鉄道』と書かれているから、今は無き鹿島鉄道のなにかだろうな、というのは分かると思うのですが、一番下をご覧下さい。『ヨーグルト カステラ』と書いてあります。そう、実はこれ、ヨーグルト カステラ(つまりお菓子ですね)が入っていた、包みなのです。この画像でほぼ実物大という大きさの包みの中に、ヨーグルト カステラが入っていました。値段は忘れましたが(笑)、味はおいしかったですよ。
この、鹿島鉄道をデザインしたヨーグルト カステラは、私が07年2月12日に鹿島鉄道に乗った際、終点の鉾田駅構内で販売されていたものです。当日は、駅舎内で模型電車運転会もやっていました。大変な賑わいぶりで、廃止が約一月半後に迫っていた鹿島鉄道の別れを惜しむ、沿線住民や鉄道ファンで埋まっていました。私はこの日、朝食も採らずに鹿島鉄道乗り放題を行なっていたため、鉾田でお菓子が、それも包みに鹿島鉄道がデザインされた、『今だけ限定』の物になっているお菓子が売られているのを見て、すぐに買ったのでした。中身は帰りの列車の中で早速ペロリ。そして記念となる包みは、持って帰って中を丁寧に洗い、保存しておりました。包みの上に描かれている山は、筑波山でしょうか?そして車両は最古参のキハ600形と、最新鋭のKR500形が描かれています。
ところで、鹿島鉄道に関しては、他にも乗車券を保存しており、また画像も沢山撮影しております。乗車レポ&画像については、こちらへどうぞ



 
かつて私は、映画俳優に憧れた時期がありました。実際に劇団の門をたたいて入団しており、公演舞台を経験した事もあるわけですが、
 そんな時代が始まった頃である1997年1月、鎌倉シネマワールドを訪れました。この鎌倉シネマワールド、1995年にオープンするも、
98年12月に閉鎖。僅か3年数ヶ月の短い存在でした。96年8月に、松竹の看板俳優であった渥美清が亡くなったのが大きく影響
したと言われていますが、私が訪ねたのは、その渥美清死後5ヶ月目の時で、ちょうど世は『寅さんさよなら』ブームに沸いていました。
それだけに、シネマワールドも繁盛しており、大変な賑わいと、展示内容の充実といった最高の印象しか、私の脳裏には残っていません。
左がパンフレット表紙で、右が案内図と各ゾーンの紹介です。寅さんに憧れ、少しでもあのキャラクターを真似て≠ンたいと思っていた
私は、映画『男はつらいよ』のセットのコーナーを、最も長く見学していました。また、最上階に設けられたシネマでは、封切直後だった
『虹をつかむ男』が上映されており、私も観賞しましたが、こちらは空いていましたね。隣接していた松竹大船撮影所で、いつか私も一度でも
いいから仕事をしてみたい。そんな夢も持ちつつ、ほぼ専ら寅さんコーナーで過ごした、シネマワールドでの一日でした。2000年、その
大船撮影所も閉鎖。この地は松竹とは関係の無い場所になってしまいました。私がシネマワールドで見た光景というのは、松竹大船における、
賑わいの最後のピークだったのかも知れません。この頃、日常的にもしばしば映画館通いをしていた私(松竹シネクラブに入会していた)は、
現在は役者の世界から去って既に久しくなり、めっきり映画館にも足を運ばなくなっています。世でも我でも、時代が流れましたね。




JR利用者にはお馴染みの、『JR』マークですね。一体どこで撮影したのか?答えは私の実家です。これは鉄を文字の形に切り取って作った物なのですが、手に入れた場所はJR吹田工場です。1994年7月末、吹田工場が一般公開され、その時に工場内の一角で、不要となった鉄を、目の前で加工してこのような記念品を制作、販売していました。私も記念に買ったのですが、いくらだったかは覚えていません(笑)。実に正確に、車両に書かれている字体が再現されていますね。ちなみにこの吹田工場一般公開の情報を、ネットも無かった94年当時、どうやって知ったかというと、直前に青森まで旅行に行ったのですが、乗車した寝台車が工場前を通過した際、案内の看板が偶然目に止まったのです。
さて、買った当初はよく磨かれたきれいな鉄だったこのJRマーク、10余年の歳月が過ぎて、すっかりサビてしまいました。



ちょうど二十歳になる時だった、1993(平成5)年7月、私は立山・黒部アルペンルートを訪れました。その時に手にしたパンフレット
です。この、黒部ダムのスケールの大きさや、放水の迫力のすごさは、15年経った今でもハッキリ覚えております。後にNHKの番組
『プロジェクトX』で、黒部ダムが取り上げられた時も、ここまでの物を命懸けで造った人たちの凄さを、思い知らされたものでした。
さて、この旅行で何故、立山・黒部に行きたかったかというと、実は目的はダムではなく、トロリーバスでした。扇沢から黒部ダムまでを
結ぶ、関西電力のトロリーバス。そのトロリーバスの車両が、ちょうど置き換えの時期を迎えていたのです。それまで走っていた、
1960年代製の、懐かしく貴重な旧タイプボディーの車両から、今風のボディーの車両に、全車が置き換えられようとしていました。
上の画像の右上にバスが写っておりますが、それが旧タイプのトロリーバスです。この様な形のバスは、当時、既にほかでは見られなく
なっていました。私は念願通り、旧タイプのトロリーバスに乗車し、その後、今ではトロリーバス化されているトンネルバスなどに乗って、
アルペンルートを横断しました。なお、このトロリーバスは、日本では立山・黒部のみで見られます。今ではパンフレットにも、当然新しい
トロリーバスの写真が載っているでしょうから、このパンフレットは、時代を物語る貴重な資料となります。また、画像では小さくて
見えないですが、実際には右端に、『平成5年4月作成』と書かれており、時代をハッキリ特定出来ます。下の画像で見られる時刻表も、
当然、今とは大きく異なっている事でしょう。このパンフは、私の二十歳を迎えた夏の思い出の、そして青春の思い出の一品です。






日頃、毎日のようにデジカメで写真を撮っている私ですが、まだデジカメが登場する前は、もちろんフィルムを入れる、アナログ式のカメラで
撮っていました。そして、そのアナログ式のカメラの中で、私が所有した初代のカメラがこれです。OLYMPUS-PENと書いてありますが(左側)、
1959〜64年に製造されていた物です。元々は、大学で写真部に所属していた父が使用していました。それが、もう新しい物を買って
使わなくなったというので、私に譲ってくれたのでした。1979年、私が6歳の時の事です。まだ幼稚園の分際で、『マイカメラ』を持った、
生意気な小僧でしたが、当時はまだあまり撮影には熱心ではなかったと見えて、その後もそんなに回数使用した事は、ありませんでした。
結局このカメラは、1年〜1年半ほど『第二の人生』を送った後、『引退』となり、私の部屋で、ずっと“アクセサリー”として保存されていました。
一人暮らしになって以降も、実家の自室にあったこのカメラですが、最近、今の家に持ってきました。いや〜しかしよく今まで残っていたもの
です。父がもともといつ購入したのかは分かりませんが、恐らく17〜18年の現役生活だったと思います。かなり長かったのではないで
しょうか?それにしても今のカメラと比べると、手に持った感覚が、ズッシリと重いです。そして、小型なのですが、何か『大きい』と感じますね。
手巻き式のネジとか、アナログ画面のフィルム残数表示、フィルムの巻き取り器も大変懐かしいですし、モニターも無い、至ってシンプルな
リア面というのも、今見ると逆に新鮮ですね。これからも大切に保存していきたいです。それにしても、まだアナログカメラだった頃は、写真を
撮るというのは、どちらかというと『特別な行為』で、『記念のための』撮影でした。それ故、あまりにも日常的な場面を撮るのは、照れくさくて
緊張し、出来なかったものですが、デジカメとなった今では、撮影は『記録のための』ものとなりました。毎日、思い立ったら即撮影が当たり前
という今の私の生活ぶりや、『お気軽記録』の時代を、この『骨董品カメラ』は、どんな思いで見つめているのでしょうか?




1994(平成6)年8月、当時留学先から夏休みで一時帰国中だった私は、両親と松江・出雲に旅行に行きました。この夏休みは本当によく旅行に行きまして、7月17日に誕生日記念として1泊2日で和歌山(世界リゾート博見物)、同月末に6泊7日で東北に行ったのですが、8月の盆明けになって、今度は島根県に行ったのでした。
和歌山と東北が“いつもの”一人旅行だったのに対し、島根旅行は両親と行ったのですが、家族旅行は14歳の冬にアメリカに行って以来、6年半ぶりの事で、反抗期を超えて、再び親と一緒に旅行をしても良いという心境になっていたのでした。
この旅行で初めて乗ったのが一畑電鉄で、左画像がその時に取ったパンフレットです。当時の一畑電鉄は、まだ100%釣り掛け駆動・非冷房という、旧世代車両の天下でしたが、完全に車両が入れ替わった現在となっては、大変懐かしい話です。画像に写る、レトロな旧型車両(60型)や、もっと古参な半鋼製車両にも乗車して、『前近代気分』を満喫してきましたが、それも今は昔です。
パンフレットの右側には当時の時刻表が掲載されています。
この夏はとにかく暑く、水不足が深刻で、泊まったホテルでも至る所に、『節水にご協力下さい』と書かれた張り紙が貼ってありました。




1993年7月、黒部峡谷鉄道を訪れた時に手にした、案内パンフ兼時刻表です。この前日には黒部ダムを訪れていました。
“日本一深い峡谷を行く”という謳い文句がありますね。そして『中部山岳国立公園』というのは、黒部峡谷を中心とした
観光整備地の正式名称です。左写真にオレンジ色で大きく書かれた文字の下には、小さく白文字で、「運行期間 11月30日まで」
と書かれていますが、これは現在でも変わっていません。そして右側は、文字が小さ過ぎて見えないのは申し訳ないですが、
93年(平成5年)当時の時刻表です。季節によってダイヤが異なっており、ここには、5月1日〜7月19日、7月20日〜8月31日、
9月1日〜30日、10月1日〜11月10日、そして11月11日〜30日までと、5種類の時刻表が書かれています。因みに現在は、各
季節ダイヤの区切り目が若干変更されていまして、5月1日〜7月13日、7月14日〜8月31日、10月1日〜11月15日、11月16日
〜30日となっています。いずれにしても、キメの細かいダイヤを編成する上、運休期間には豪雪による被害を避けるため、レール
から架線まで撤去しなくてはならないというのは、本当に他では味わう事のない苦労だと思います。名物であるトロッコ列車に
ついては、現在も当時と同じデザイン、同じ形の車両が走っています。また、当時も今も、座席は完全予約制ですので、ご注意
下さい。この黒部峡谷鉄道のファンは、冬季は春の到来がさぞ待ち遠しい事でしょう。




大阪市の、JR環状線弁天町駅下にあった、交通科学博物館で受け取ったレシートです。幼少時より何度も足を運んだ交通科学博物館。鉄道好きにはたまらないスポットとして重宝していましたが、2014年4月6日をもって閉館となりました。このレシートは、閉館の時期が迫りつつあった1月19日に、数年ぶりに同館を訪れ、買い物をした時に手渡されました。通常、レシートは破棄しますが、このレシートは是非記念にと持って帰り、現在も保存している次第です。所在地もしっかり書かれているのがいいですね。
この1月19日は、かつて幼少時に何度か訪れた時は公開されていて、90年代にリニューアルされてからは非公開となっていた、国鉄バス車内が特別に公開される日で、閉館前に是非もう一度車内に入ってみたくて訪れました。一歩車内に入ると、たちまち幼い頃の思い出が蘇ってきて、懐かしかったです。この国鉄バス(東名高速バス)は、1978年に展示が開始されましたので、私が初めて訪れた79年初頭というのは、まだ展示開始から数ヶ月、製造からも10年経っていないという、フレッシュな展示物でした。
このほかにも、新幹線保存車両の車内に久し振りに入ったり、かつては車内が公開されていて、長時間車内で過ごした旧型客車を外から眺めたりして、たっぷりと時間を過ごしましたが、この交通科学博物館に代わり、2016年に京都でオープンする新しい鉄道博物館で、どのぐらいの展示物と再会出来るかは不明です。

さて、帰り際にメダル販売機で記念メダルを購入し、その後売店で買い物をしました。メダルや記念グッズを求める人は大勢いましたが、地味〜に記念物となるレシートを取っておいている人も、たくさんいるのでしょうかね?




これは、とある鉄道イベントの際に購入したグッズに載っている画像を、トリミングの上、掲示したのですが、グッズが何であるかお分かりですか?
実は、パソコンのマウスパッドなのです。今私の自宅の机に実際に置かれているマウスパッドです。今現在も、この写真の上にパソコンのマウスが置かれています。
少し写りが横長になっていますが、これは1970年2月頃に撮影されたと思われる、北大阪急行2000系04編成です。
場所は桃山台車庫。開業を間近に控えた時期と思われ、行き先表示は『万国博』となっていますね。
この貴重な写真が、そのままマウスパッド化されて販売されているのを見た時には私も思わずビックリしましたけど(発想がなかなか面白いと思った)、すぐに購入し、以来私の卓上で使用されてもう何年になるでしょうか。
購入時期も参加イベントも、もうハッキリ憶えていないのですが、私は意外と、北大阪急行桃山台車庫で開催されるイベントに、まだ一度も行ったことがありません。かつて何度も乗った2000系2002も間近で見てみたいし、最後に乗ってから既に20数年、今一度、車内の様子も味わってみたいです。
万博輸送に華々しく活躍した、この2000系04編成は、8000系ポールスターが登場すると01編成と共に真っ先に運用から外れ、1988年4月、2000系の廃車第一号として解体されました。
『エキスポエキスプレス』として北大阪急行が誕生から45年以上、初代車両の2000系は1993年10月に全車引退、そして置き換えた『ポールスター』こと8000系も、近年、『ポールスターU』こと9000系に置き換えられつつあります。そして箕面市内への路線の延長も決定。時代は流れました。
写真の桃山台車庫も、この時が完成直後。周りに何もないのが、時代を偲ばせますね。




クリックすると、このページの最初に戻ります。 長年、我が実家で使われている座布団です。撮影のため、床に置いておりますが、ところでこの座布団、どっかで見たことのあるデザインだと思いませんか?
そう、実はこれ、出身≠ヘ電車のシートなのです。
色からして阪急と思われるでしょうが、阪急電車のシートで、このようなストライブが入っているものは無く、系列の北大阪急行電車のシートかと思われます。北急のシートはスペースを区切るストライブが入っていますので。
全般検査などで座席を更新した際に、余剰となった部分を座布団に再利用したということですね。
因みに購入したのは阪急京都線正雀で行われる、阪急レールウェイフェスティバルで、2002年に参加した時に買いました。従ってもう15年間も(公開時点で)使用していることになりますね。

素材が素材だけあって座り心地は抜群、我が実家で良い寛ぎ用アイテムになっておりまして、この座布団を敷いたソファーに座った時は、大抵一度は居眠りをします(笑)。鉄道ファンにとって、電車のシートの再利用の座布団がいつも我が実家に有るというのは、なかなか気分のよろしいものでして、電車の一部を所有出来ているような満足感に浸れます。
貴重な実用品、これからも末永く使っていきたいですね。





コレクション・記念キップの部屋へ